トップページ本館反対派の精神構造と思考構造

反対派の精神構造と思考構造
夫婦別姓なんてくだらない?

「選択別姓なんて、くだらないことにかかわっていないで、
ほかにやることがいくらでもある」などと言ってのける
反対論者を見かけることがあります。

国会議員でも、長勢甚遠氏のように、「景気が悪いのに、
なにをくだらない議論をしているのかと言われる」と、
支援者にこぼされることを理由に、法案に反対するものもいます。
ここまで露骨でなくても、国会で審議する案件が
立て込んでくると、これを口実にして民法改正の審議を、
後回しにすることも、すくなくないです。

一般に、結婚や家族のことは、天下国家の話題とくらべると、
取るに足りないという偏見が、とくに男性社会には見られます。
それで、「夫婦別姓なんてくだらない」と言われると、
なんとなくそんなものかと、納得されるかたも、
いらっしゃるのではないかと思います。


ところで、選択別姓がそんなに「くだらない」なら、
なにがどうなろうとかまわないはずです。
法案が可決して、よそさまご夫婦の苗字がちがっていたところで、
だまって無視をしていれば、よさそうに思います。

それにもかかわらず、反対論者の反対のしかたは、
偏執狂と言ってよく日本の伝統がどうのとか、
フェミの陰謀がこうのとか、ここぞとばかりに危機をあおります。
「くだらない」はずなのに、わざわざ集会を開いたりもするし、
法案をにぎりつぶすための執念深さは、想像を絶するものとなっています。

言うまでもないことですが、「くだらない」も、
議論を妨害するための、ひとつの口実にすぎず、
内心では猛烈に、重大なことだと思っているに、ほかならないです。
反対論者こそ、この問題をとても切実に思っていて、
選択別姓法案の阻止に、全身全霊をかけているのでしょう。
そのはげしさは、もしかすると、推進派や賛成派以上かもしれないです。

「反対派の精神構造と思考構造」にもどる
「本館」にもどる
トップにもどる


inserted by FC2 system