トップページ別館ジェンダーの部屋

死に別れよりつらい生き別れ

言うまでもないですが、恋人と死に別れるのは
とても悲しくてつらいことです。
ところが、死に別れよりもっと悲しいことがあって、
それは「生き別れ」だと言われることがあります。

死に別れた場合、恋人はもう還ってこないのだからと
あきらめて、気持ちの整理をするモチベーションがありえます。
生き別れの場合、「きっとどこかにいるはずだ」という
思いがわいてきて、気持ちの整理のさまたげになるので、
半永久的に抜け出せない恐れがあるからです。

失恋から抜け出すには、強い意思が必要で、
それを長く持続させる必要もあります。
あきらめようとするモチベーションが妨げられるのは、
大きく不利になるのは、言わずもがなです。


わたしは、このお話をはじめて聞いたとき、
なるほどと思って、感心したのでした。
つらく悲しいというより、残酷という感じかもしれないですね。

こんにちでは、生き別れのもっとも大きな原因である
戦争もめっきり減りましたし、いたって平和になったと言えます。
それだけよい時代になったと言えるのでしょう。

「ジェンダーの部屋」にもどる
「別館」にもどる
トップにもどる


inserted by FC2 system